トップ > AMA MEMBER’S TALK > シニア座談会

シニア座談会「海外を経験し、IFRSを学び、これからの時代を生き抜く。」

明治アーク監査法人の社風はどんな感じですか?

準大手監査法人とはいえ、会計士が何百人もいるわけではないので、従業員、パートナーの方々の顔と名前はほぼ一致しています。私は、大手監査法人から転職しているのですが、その点では、事業部で分れている大手監査法人との違いを感じています。

普通の監査法人は、社員ブースがあると聞きますが、明治アークではフリーアドレスなので、社員が身近に座っていたりして、相談もしやすいですね。それにパートナーが近くにいる分、不満に思っていることやここはこうした方が良いのではないかといった意見も伝えやすく風通しは良いと思います。

私の場合、組織運営委員会に属していることもあって同じチームのメンバーだけではなくて事務管理部門や監査アシスタントなど様々な人と交流しながら意見を交換することが出来ています。そのため、シニアでも組織運営に意見が出せる体制が出来てきていると思っています。

それとここ2、3年で3法人が合併して規模もかなり大きくなっているはずなのに、垣根を感じないのはすごいことですよね。

それは監査チームメンバーをローテーションさせて固定化させないという方針が功を奏しているのだと思います。個人レベルでも多種に渡る業種にふれる機会は、経験を積めるという点で有難いです。

ローテーションしているので、いろいろな人と話をする機会があり、人としても成長できる気がしています。

人数が多いと自分が歯車の一つでしかないと感じがちだけど、この規模だとあまりそれを感じないですね。

どちらかというと歯車というよりも自分も原動力の一つとして明治アークが動いているという感じが強い。

それとプライベートと仕事のメリハリがしっかりしている点は、良い社風だと思います。期末監査時は、多少の残業もありますが、四半期レビューや内部統制では、あまり残業がないし、皆さん、仕事のオン・オフをしっかりつけている感じがします。

私もよく参加しているのですが、オフの時には有志を集って、フットサルやマラソン大会への参加などもしています。そのため、運動不足になりがちなこの業種の中でも、私の場合、楽しみながら運動不足の解消をしています。

シニアに昇格して変わったことは何ですか?

シニアになると必ずインチャージを任され、監査計画も自分で策定することが必要となりますよね。これをしっかりとやることで、よりクライアントの理解が深まっているんだなって実感できました。

それに、不要な手続きを省略したり、逆にもっと深堀りしなければいけない部分を一つずつ検討していくことは、地道な作業ではありますが、充実感がありますよね。

あとは、クライアントとのやり取りで最前線に立つ機会が多くなりました。その時に、より深い相談や難しい質問をされたりすると自分もクライアントからの信頼を得てきているんだなって感じます。

時にはクライアントとの議論が必要で大変なこともありますが、確かに監査をしているという実感が湧いてきますよね。


シニアの1日
三浦毅郎の場合
6:30 起床

今日一日の予定の確認を行ったり、新聞等を読んだりして、時事問題について把握します。

9:25 クライアント到着

クライアント往査日は直行直帰が基本です。早めに到着して仕事の準備(クライアントへの挨拶、備品の準備等)を行います。




10:00~17:30 業務中

監査手続書に従いクライアントへの質問、資料の閲覧、調書作成を行います。後輩への指導も行い、自分で分からないことがあれば先輩に相談しながら作業を進めていきます。お昼ご飯はクライアントの社員食堂をお借りしてチームで食事をとることが多いです。
業務終了前にチームの進捗状況を確認し、問題がなければ定時で帰宅します。

19:00 帰宅

夕飯を食べたり、お風呂に入ったりして一日の疲れを取ります。週末はチームや若手同士で飲みに行くことが多いです。最近は近所での一人飲みにもハマっています。

22:00 勉強等

その日によってすることは変わりますが、仕事中に気になったことや近年の税法や会計基準の変更点等について調べたりすることが多いです。

23:30 就寝

明日の予定の確認を行って早めに就寝します。


休日の過ごし方
小泉 敦の場合
8:00 起床

午前中は4歳の娘と妻の3人で娘の幼稚園での出来事や娘の習い事について話をしています。家族が揃ってゆっくり話す時間は重要だと思っています。

13:00~

午後は妻が仕事へ行くため、娘と2人でお出掛けをします。近くの公園やデパートや動物園、時にはスタンプラリー等のイベントに参加します。最近は、子供より自分の方がクタクタになっていることが多いです。






21:00~

妻が仕事から帰宅。ここから自分の時間ができます。仕事をする上ではまず健康を維持することが重要だと思っており、自宅周辺をランニングしています。また、海外出張があることから、それに備えて英語の勉強をしたり、会計基準の改訂があった場合はASBJのHPで知識のアップデートをしたりしています。


休日の過ごし方
森 久倫の場合
6:30 起床

翌週月曜日からの仕事に備え、平日と同じ生活リズムで休日も過ごしております。

8:00~11:00 勉強

自分で目標を設定し、少しずつでも机に向かう習慣をつけるよう心がけております。



11:30~ 買い物

気分転換をするために、家族と外出することが日課となっております。
都内が多いですが、気になる場所があれば郊外にも出かけます。




15:00~ DVD鑑賞

長く仕事を続けるために、リラックスできる時間を設けております。
ジャンルを絞らずに色々見ることでリフレッシュします。







21:00~ 仕事の準備

週明けからの仕事の準備をする時間を設けております。
自分が担当するクライアントのスケジュール確認や初めて行く現場があれば、有報やHPを見たりして予習をします。

エントリーする

このページのトップへ